サングッド

CASE実績紹介

緑川光晴

サングッドには一言で信頼と安心があったからです!

埼玉と東京で3店舗のヘアサロンを展開している美容室QUALIS(クオリス)様。
今年は海外進出を検討しているようで
今回サロン幹部を対象にシンガポール視察のアテンド探しとして、SUNGOOD(サングッド)でご利用いただきました。
QUALIS(クオリス)様がSUNGOOD(サングッド)をご利用いただくまでの経緯、実際に使ってみての感想を、オーナーの緑川様にインタビューしました。

SUNGOOD(サングッド)を知ったきっかけは何ですか?

緑川:弊社QUALIS(クオリス)が求人対策を始めた当時、sungood(サングッド)より美容専門求人サイトを紹介していただき、求人広告の掲載を始めたのがきっかけとなり、かれこれ10年来のお付き合いになります。

他の選択肢もあったかと思うのですが、今回のシンガポール視察をSUNGOOD(サングッド)に相談しようと思ったきっかけや理由は何だったのか教えてください。

緑川:一言で信頼と安心があったからです!
私が、シンガポール視察が決定した時点で私の友人に世界中に展開する飲食店の社長がいまして話をしたところ直ぐに何社かの視察が出来ると返答が来ました。
返答が来た直後、以前sungood(サングッド)より紹介されて美容パートナーのエージェントに会う機会があり、たまたまシンガポール視察の話をしたところエージェントが、sungood(サングッド)にシンガポールの日系サロンとの多く繋がりがあるので確認を取ってくれるという話になりお願いをしたところ、早々にsungood(サングッド)から連絡があり、現地の美容パートナーのコンサルタントにアテンドしていただけることになり、現地の美容サロンの現状を思っていた以上に詳しく視察が出来ると思ったからです。
又、 エージェントには何度も求人対策で相談に乗ってもらうことがあり沢山の求人情報、求人に対するアドバイス、求職者に対する会社の在り方など、助言をいただいたり意見を言わせていただいたりと人としてのお付き合いをして頂き信頼していたからです。何よりも、世界に出るからには信頼できる人と人との繋がりが私は最も優先だと思っているからです。
私の友人も信頼はありますが、知り合いという繋がりには不安はありました。

IMG_4206

 

SUNGOOD(サングッド)に相談した内容と、実際に現地シンガポールでの美容パートナーのアテンド内容についてはいかがでしたか?内容とは違いましたか?

緑川:アテンド内容は、十分すぎるほど満足しています。
相談する前の私が描いていた視察は、サロン見学(集客について、求人について、スタッフ教育について、お客様について)シンガポール経済。等と、簡単に考えていましたが、全くと言うくらい事細かに説明と案内をして頂き感謝しています。
sungood(サングッド)よりシンガポールの美容パートナーを手配して頂き、美容パートナーよりアテンドして頂いたおかげで下記の内容が学べました。
内容は、サロン視察(集客について、求人について、スタッフ教育について、お客様について、売れているメニュー、スタイルの違い、物販力、ジャパニーズブランドの プレゼン力、サロン経営の収支、人件費、シンガポールにおける美容室の価値と水準、会社設立について、新規出店の手続きと業者依頼と費用)、日本貿易振興機構(JETRO)でのシンガポール経済(不動産、人口増加、シンガポールの歴史と将来、生活水準)、初めての視察ながらシンガポール進出する為に必要な知識、情報は得られたと感じています。

IMG_4228

実際にシンガポールで美容パートナーよりアテンドを経験してみた感想はいかがですか?

緑川:今回の美容パートナーには深く感謝しています。
翌日、新規出店を迎える忙しい中、丸一日同行案内をして頂きました。翌日オープンするサロンを視察した時はまだ内装業者が最終工事をし、スタッフさん達は準備をしていて、日本人美容師がイキイキしている姿には喜びを感じました。
オープン前日に、経営者が居なくてもスタッフさんだけに任せることが出来るのは、指揮力、責任を与える経営力だと思います。(改めて学びます)
サロンをまわる移動中でも、シンガポール経済や美容サロンの失敗談等の話など詳しく聞かせて頂いたり、ショッピングモールや日本人が利用するスーパー明治屋を視察し生活水準の高さや価値観の違いなどを知りました。
又、日本貿易振興機構(JETRO)での会談、5サロン視察後には、経営者の方サロン責任者の方を呼んでいただき懇親会を設けて頂いたことは、弊社(QUALIS)の幹部スタッフにはとても良い刺激と学びがありました。
サロン視察だけでは、聞けない内情、シンガポールで生き抜く人生論等、深く人として向き合うことが出来たのは、SUNGOOD(サングッド)と美容パートナーのおかげです。

DSC04961

シンガポールでサロン実態をみていかがでしたか?

緑川:人材確保、人材育成は厳しいところがあるかと感じました。
日本では、特に人材育成はカギとなり美容の価値を下げるも上げるも人材育成だと思い取り組んでいます。しかし、シンガポールで働く日本人美容師は、自由を求め気楽に楽しく出来る環境を求めシンガポールで働いているのかな?と思いました。
スタイリストの技術レベルは正直低いレベルかな?技術スピードも非常に遅く、歩合制であるなら生産性などの指導やジャパニーズブランドとしての意識教育をしなければ日系サロンの価値は下がる一方だと思います。

DSC04886

今後、海外で出店し経営をしたいと思いますか?

緑川:人材確保、人材育成の問題がクリアー出来る点が揃えば、是非出店し経営したいと強く思います。

DSC04818

上記のように思った理由はなんですか?

緑川:日本の少子化問題や日本経済問題による美容業界の低下が加速すると思っています。
今後は、アジア諸国の経済発展に目を向けアジア諸国での経営に力を注ぐことも企業としての安定やブランドイメージのアップにつながると考えています。
又、日本の文化と世界トップレベルの技術の伝承が最も重要と考え、アジアからの人材を日本で起用し育成し諸国へ戻し経営展開が出来ることも考えます。

IMG_4211